UPPER SYSTEM

スポンサードリンク

Excel「別のプログラムでOLEの操作が完了するまで待機します」

システムエンジニアでなくてもプログラマーでなくとも、Excelはビジネスの必須アイテムですよね。

 

業務で使っていると様々なエラーが発生しますが、著者が最近遭遇したダイアログが以下のものです。

 

システムエンジニア,SE,システムエンジニア ブログ,SE ブログ,仕事 効率化

 

What is OLE?ですが、海外のマイクロソフトの公式回答があります。

 

英語の内容を要約すると、ExcelがOLE(Object Linking and Embedding=アプリケーションが他のアプリケーションを操作するために作成された規格)を使用して他のアプリケーションと対話し、そのアプリケーションが適時に応答していない場合にこのダイアログが表示されるようです。そのため、他のアプリケーションを閉じてみましょう、とのことです。

 

よくある状況として、作業中のExcelファイルの中に埋め込みオブジェクトや外部リンクといったものがあり、外部ファイルを呼び出していることがある。ただしそのファイル・アプリケーションが応答しないという場合です。

 

著者がこの事象に遭遇したのは、正に外部のマクロが含まれるExcelファイル(要領も大きい)を開いて作業をしているタイミングでした。そして、そのファイルから別のファイルに対してコピペを行っていたため、OLEが参照されたことが想像できます。マクロファイルと関連付けてしまい、そのマクロファイルが重いためにこの状況が起きたと思われます。

 

そして、OKを押しても暫くすると同じダイアログが表示されて、一向に問題が解決しません。

 

私が取った対策は、そのマクロファイルが作業ファイルとは別にExcelのアプリケーションを開いていたため、マクロファイル側のExcelアプリケーションを閉じました。

 

システムエンジニア,SE,システムエンジニア ブログ,SE ブログ,仕事 効率化
このように2つのアプリケーションとして開かれている場合は、Ctrl + Shift +Escの押下によりタスクマネージャーを起動し、マクロのため容量を占めているであろう方のExcelプロセスを終了させました。

 

すると、すぐに通常通りの挙動に戻りました。これが同じアプリケーション上で関連付いていたら、問題のファイル・アプリケーションを閉じてしまうと、作業中のファイルも閉じなくてはいけないこともあります。

 

その場合は他のアプリケーションを閉じてみる等を試して、それでもダメであれば残念ながらPC自体の再起動を試みるしかないでしょう。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

スポンサードリンク