UPPER SYSTEM

スポンサードリンク

スポンサードリンク

2018/11/01 12:04:01 | Word(ワード)
Wordは苦手意識を持ちがちです。思う通りに動かないことが多く、セクションの設定、目次作成、ページ数のカスタマイズ、行頭の文字を揃える。行間の間隔を統一する。…様々な操作をことあるごとに思い出す、調べなければならないという方も多いと思います。今回は頻繁に使う機能である目次作成機能について、簡単にやり方とメカニズムをご紹介いたします。※ご紹介に用いるWordのバージョンは2010とさせていただきます。上の画像のようなコンテンツがあり、表紙の次ページに目次を作成する機会は多いと思います。まず、第一に目次はWordの目次の自動生成機能を使って作成します。手動で作成すると、変更のたびにメンテナンスが必...
2018/03/09 08:12:09 | Word(ワード)
文書のページの背後にテキストや図を入れることができます。よく、「社外秘」とか「draft」といった文字が斜めになって後ろに入っているのを見ませんか?社内向けに機密性の高さを示したり、社外向けに未完成である旨を示したり、文書の取扱いに関するメッセージを入れる用途で使われることが多いと思います。下の図で例を取ります。<office 2007>ページレイアウトタブ→透かし<office 2013, 2016>デザインタブ→ページの背景→透かしテンプレートとして「社外秘」は存在しました。また、「ユーザー設定の透かし」で任意のテキストや図を入れることも可能です。削除したい場合は「透かしの削除」から削除し...
2018/03/05 20:15:05 | Word(ワード)
Word(ワード)を使いたての学生の頃、せいぜい1,2枚のレポートを書く程度だった私は、ページを変えたい時はEnterキーを連打して改行を重ねていました。しかし、その方法では後に手が入った時に歪な構造になってしまうことから、ビジネスパーソンとしては許されない改ページ方法となりますね。ということで、簡単に改ページを行う方法をご紹介します。Wordの挿入タブに「ページ区切り」があります。これを押すと・・・・次ページに一気に飛ぶことが可能です!1ページ目に文字を打ち込んでいっても2ページ目がずれる事はありません。  ツイート